伊緒さんのとろふわスクランブルエッグ

小説ごはん
撮影:三條すずしろ
スポンサーリンク

シンプルだけど深い! 大好きなたまご料理

『伊緒さんのお嫁ご飯』第七椀で登場した「とろふわ朝食たまご」。
スクランブルエッグです。
三條もこれが大好きでよく作るのですが……。
かんたんなようで難しいのですよねえ。

そんな奥深さも魅力なたまご料理。いつものレシピをご紹介します。

たまごは常温にもどしておく

3個で2人前くらい

冷蔵庫のたまごはとっても冷たいので、常温にもどしておきます。
冷たいままフライパンに流すと一気に温度が下がるため、鍋肌にくっついたりしてうまくいきません。
ちょっとした温度の違いで鍋離れもよくなるので、作る前にはたまごを冷蔵庫から出しておきましょう。

隠し味はマヨネーズ!

いつもは目分量

伊緒さんも使っていましたが、ふんわりと仕上げるのにマヨネーズを使います。
ホイップ状の油分のおかげでたまごが固くならず、口あたりがよくなりますよ。

マヨは天ぷらの衣に入れても、さっくりした食感になるのでお試しあれ。

今回はたまご3個に対して大さじ1杯ほどにしましたが、思い切って2杯くらい入れたほうがふわっとします。
カロリーが気になるところですが、その分フライパンに引く油は少なめですみますよ。
マヨにも塩気があるため、味付けは控えめに。
三條の好きなハーブソルトを少し振ります。

ハーブソルトが好き

たまごは白身を切るように、さっくり混ぜる

お箸を白身につっこんで…
持ち上げるようにして白身をほぐします。20回くらい。

たまごは白身と黄身との食感の違いがあったほうが好きなので、いつもさっくり混ぜ合わせます。
お箸をつっこんで何度も上に持ち上げるようにしながら、白身をほぐしていきます。
大方白身がほぐれたところで、黄身とともにかき混ぜます。

フライパンはようく熱する

ほのかに煙。オリーブ油の甘い香りが。

フライパンは火にかけて、オリーブオイルを少したらして鍋肌全体になじませます。
このとき、少しこわいですがほのかに煙が立つくらいによく熱します。
たまごを入れると急速に温度が下がるため、それに負けずに加熱し続けられるようにです。

一気に焼く!

じゅわあっ、ていう音が好き

たまごを流し込み、鍋肌全体の熱を使って一気に焼きます。
さっくりとかき混ぜながら、熱々のフライパンになるべく多くの面積が当たるようにします。
たまご3個なら、30秒ほどあれば焼き上げることができます。

たくさん鍋肌に当てて…手早く混ぜます

たまごの固さはお好みで♪

やわらかいのが好きです

加熱時間を調整して、お好みの固さに仕上げれば完成です。
三條は半生ぐらいが好きですが、しっかり焼いてもマヨのおかげでぷるっ、とした食感になりますよ。
フライパンにもくっつかないので、後片付けも楽ですね!

あっついうちに、めしあがれ。

コメント

にほんブログ村小説ランキング

アルファポリス ランキングバナー

ブログランキングWEB小説

にほんブログ村小説ランキング

アルファポリス ランキングバナー

ブログランキングWEB小説