苔むした石塔と巨樹の霊場! 高野山「奥之院」を歩く

遊びと旅
スポンサーリンク

「日本国総菩提寺」、山上の聖地・高野山

「日本の総菩提寺」とも例えられる紀伊国・高野山。

標高約800mの山地におよそ120もの寺院がひしめく宗教都市としての威容を誇り、弘法大師・空海が開創した真言密教の総本山として知られています。

その中でも、空海がいまだ禅定を続けているという信仰のある「御廟」と、その参道沿いに約20万基もの石塔や供養塔が建ち並ぶ「奥之院」。

ここが高野山の信仰の中枢といっても過言ではありません。

苔むした石塔や、樹齢数百年を優に超える巨樹が佇む霊場は、神聖な空気感に満ちていて歩くだけでも心が浄化されていくかのようです。

今回は、お盆参りで高野山に上がった際に撮ってきた奥之院の写真を、ご紹介したいと思います!

石塔と巨樹の佇む霊場

「一の橋」。奥之院の正式な入口。
空海の御廟まではここからおよそ2kmの道のり
一の橋を渡ってすぐの参道。
高野山全体が平地よりかなり涼しいが、ここからさらにひんやりとする

沿道にはこのような石塔が無数に存在する。
戦国武将や大名家の供養塔が、敵味方関係なく建ち並ぶ。
写真は仙台・伊達家のもの

この不思議な形の供養塔は「五輪塔」。
一番下の立方体から「地・水・火・風・空」を表す。
いわゆる「五大(五輪)」で密教の宇宙観を表現した5つのエレメントを意味している
梵字ではなく漢字を刻む例も。
下から「地・水・火・風・空」の文字が読み取れる
歩くだけでもなんとなく厳粛な気持ちになる。
でも、とっても気分がいい
ものすごい巨樹であふれかえっている。
どれだけの時を過ごしてきたのか
ふと見やると、そこかしこにケルンが。
無心に積み上げた人たちの祈りの跡
石仏はいずれも大切にされ、頭巾や前掛けはいつも新しい。
穏やかなお顔で「ようお参り」と語りかける
主参道から無数の枝道が分かれる

武将や大名家の墓所も仲良く並ぶ

高野山奥之院には、たくさんの武将や大名家の供養塔が併存していることもよく知られています。

それは敵同士として戦った家中であっても関係なく、安らかに、そして仲良く眠っているようにも感じられるのが不思議です。

毛利家墓所。
五輪塔の圧倒的な巨大さに驚愕
北条氏墓所
紀伊徳川家初代・徳川頼宣墓所
武田信玄・勝頼墓所
上杉謙信の廟

信玄と謙信が、同じ霊場に眠っていますね。

感慨があります。

石田三成墓所。
一心に手を合わせる方がおられました
明智光秀墓所。
大河ドラマのためか、参拝者が後を絶ちません
安芸浅野家墓所
豊臣家墓所。
敷地に対して、わびた佇まいが意外

織田信長のお墓に参るのを忘れていました。

他にも全国の大名家の供養塔があります。

好きな武将のお墓に参ったり、石造物の銘文を丹念に読んだり、さまざまな楽しみ方が。

御廟の周囲は最奥部の聖地! 写真撮影は禁止です

弘法大師・空海は、いまもなお奥之院最奥部の御廟で、生身のまま禅定しているという信仰があります。

そのため、空海に供える食事を毎日のように運ぶといいます。

最も大切な聖地のため、御廟手前の「御廟橋」から先は撮影禁止。
知らずにうっかり、ということもあるのでマナーとして心に留めておいてくださいね。

この橋から先は御廟の結界。
写真撮影は禁止です

宗派を超えた祈りの場

高野山そのものはもちろん真言宗ですが、宗派を超えてさまざまな霊位を供養しています。

祈りそのものに意味があると思うので、わたしも家訓にしたがって「縁のある人もない人も、みんな安らかに眠ってください」という内容の唱え事でお勤めを終えるようにしています。

何よりも、たくさんの樹々と歴史ある石造物に囲まれ、気持ちのいいウォーキングになるというだけでも十分だと思います。

ぜひ一度、お参りあれ!

三條 すずしろ・記



コメント

にほんブログ村小説ランキング

アルファポリス ランキングバナー

ブログランキングWEB小説

にほんブログ村小説ランキング

アルファポリス ランキングバナー

ブログランキングWEB小説