伊緒さんのほろ酔い酒菜

伊緒さんのほろ酔い酒菜

第三献 あまくち日本酒と、お正月でもないのに伊達巻き

同じ原料からつくるのに、お酒ってどうしてこうも味わいが違うのだろうと、いつも不思議で仕方ない。 いや、正確に言うと原料が同じというのは使う素材の種類のことで、品種や銘柄によって特徴が違うことはわかる気がする。 ただ、単に「麦」………………~続きを読む~
伊緒さんのほろ酔い酒菜

第二献 郷愁のウイスキーと、あつあつローストナッツ

焚き火のにおい、ってご存じでしょうか?木がはぜるときの、香ばしくどこか甘やかな煙のにおい。たぶん、これまでの人生でそう何度も体験したわけではないはずなのに、どうにもたまらなく懐かしいような、切なくあたたかいにおい。きっと焚き火には、遠い遠………………~続きを読む~
伊緒さんのほろ酔い酒菜

第一献 とりあえずのビールと、コリコリ砂肝にんにく炒め

 ビールほど日本人に愛されているお酒はないかもしれない。 なぜなら「とりあえず」と言って注文するものなんて、ほかにはとんと聞かないから。「“生”でええやんな?」「“生”の人はー?」といえばもちろん生ビールのことで、最初の乾杯にはほぼこれ一………………~続きを読む~